2008年02月28日

チョヒョンジェ、ファンドマネジャーでお茶の間に復帰…ユジンと呼吸

チョヒョンジェが成功したファンドマネジャーでテレビ劇場にカムバックする。

チョヒョンジェはKBS-2TV「快刀洪吉童」後続で3月26日にスタートする新しい水木ドラマ「パパ3人、ママ1人」(チョミョンジュ/作家・イジェサン/演出)にキャスティングになり、SBS「薯童謡」以後約2年ぶりにブラウン管に復帰する。

「パパ3人、ママ1人」は若い未亡人と、彼女に精子を寄贈した男性3人の話しだ。不妊で苦しむ友達に、3人の友人は共に力を合わせて精子を寄贈、友人はパパになる前に死亡する。ドラマは赤ちゃんを1人で育てるようになった未亡人と3人の友人が構えるコミカルで新鮮なラブストーリーになる予定だ。

劇中、チョヒョンジェは友人の中で一番成功したファンドマネージャーに出演、可愛い新米ママ役に出演するユジンと呼吸を合わせる。この他にも純粋な刑事役にはシンソンロクが、花美男の漫画家役にはジェヒがキャスティングされた。

チョヒョンジェは「いつも真摯な役だけして来たが、今度の作品でコミカルな演技を披露してイメージを変えてみたい。」と抱負を明らかにした。

イムイラン記者記者 queen@mydaily.co.kr

[mydaily]2008-02-28 09:38:20
チョヒョンジェ、映画とドラマで‘極と極’のキャラクター視線

俳優チョヒョンジェ(28)が今年の春、映画とドラマで相反したキャラクターで大衆を捉えるようだ。

チョヒョンジェは最近、「快刀洪吉童」後続に放送されるKBS-2TV新しい水木ドラマ「パパ3人、ママ1人」でファンドマネジャーハンヒョンス役にキャスティングされた。ハンヒョンスは愛するしかない可愛い赤ちゃんの魅力に落ちて、人生が狂った人物。

チョヒョンジェはこれまで、財閥2世の王子キャラクターの印象が強かった。今度は予備パパとして妊婦と共に悪阻もし、妊婦体操も共に学ぶ可愛い姿を披露する。赤ちゃんとシンググルママの心を奪う為の左衝右突の‘パパになる’演技を繰り広げる。

4月10日に封切りする映画「GP 506」(コンスチャン監督)では、秘密の鍵を握っている強靭な軍人役を引き受けた。非武装地帯内の最前方監視警戒所GP 506で、前小隊の疑問の皆殺し事件が起った中に、しつこく生き残ろうとするGP長役を引き受けた。これまで見せて来た柔らかい姿とは対照的な薄気味悪い姿に変身した。

チョギョンイ記者crystal@osen.co.kr

[OSEN]Feb 28 2008 10:28
posted by rika1999 at 12:58| ■KBS水木ドラマ「パパ3人、ママ1人」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。