2007年10月16日

チョヒョンジェ主演「G.P 506」、5ヶ月ぶりに撮影再開

去る7月、制作社内の葛藤で撮影が中断されたチョヒョンジェ主演のホラームービー「G.P 506」が、5ヶ月ぶりに撮影を再開した。

「G.P 506」は「R-POINT」で韓国ホラームービーに新しい風を起こしたコンスチャン監督が野心満々とメガホンを取った作品だ。

「G.P 506」のある関係者は16日、「今月初めに映画撮影をまた始めた。 長い間待って来た俳優たちとスタッフが合流し、熱心に撮影をしている。」と明らかにした。

「G.P 506」は孤立したGPで開かれる疑問の殺人事件を取り囲んだ話を描く作品で、チョヒョンジェ・イヨンフンらが出演、風変りなホラームービーになることと期待を集めた。しかし、去る7月初め、制作社で経営権紛争などの内部葛藤がもたらされ、制作が漂流した。

コンスチャン監督を含めたスタッフと俳優たちは、もう撮影が60%まで進行されているし、映画に対する期待が大きかった為、他の日程を取らないまま、制作社が変更され、撮影が再開されることだけを待った。

しかし、すぐ決まるようだった制作社変更は、韓国映画界が不況を経験して易しく進行されなかった。ここにコンスチャン監督は制作社を直接設立し、彼を信頼する投資社たちから支援を得て、新しい暮らしを立てるようになった。

この関係者は「メージャー配給社からの投資を決めて、作業が一瀉千里に進行されている。」「来月になれば、すべての撮影を終了し、CG など後半作業を加えて来年頃、封切られるだろう。」と語った。

チョンヒョンファ記者

moneytoday]10/16 08:59
posted by rika1999 at 22:37| ■映画「G.P 506」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。