2008年02月27日

GP506のミステリアスな男たち! 極秘キャラクター!

軍最高の捜査官?意識不明の生存者? 唯一の容疑者

最前方ミステリーで発見されたGP506の男たち! 彼らが初公開された! 前小隊の疑問の皆殺し事件‘生き残る為に暴かなければならない捜査官(チョンホジン)’‘真実は隠蔽しようとする疑問のGP長(チョヒョンジェ)’‘意識不明で発見された最初の生存者(イヨンフン)’ のキャラクターポスターが公開されたこと! 顔を現わさないまま、最前方のミステリーに対する知りたい事を増幅させており、映画を待つ観客たちの好奇心を催した。

真実を明らかにしようとする執念の捜査官
gp0226_01gs.jpg
捜索隊ではなく捜査官としての位置を見せる憲兵腕章。そして、真実確認に対する強い意志を見せる1行の台詞“消えた一人…ここでどんな事が起ったのだ”。疑問の皆殺し事件を解決する為にGP506に投入された老手士官のキャラクターポスターは、彼の見たことは何か、孤立したGP506で彼が経験するようになる事は何なのかに対する知りたい事を起こさせる。 20年の経歴の最精鋭軍需士官で、ショッキングな真実の前に一生最大の決断の瞬間を迎える老手士官役は演技派俳優チョンホジンが引き受けた。「卑劣な通り」「拳が泣く」「犯罪の再構成」 など、韓国ウェルメイド映画のリストに間違いなくその名前を乗せた彼の、躊躇う必要がない選択だったと話した。今回の作品を通じて演技人生最高の熱情を披露する。

事件を隠蔽する疑問のGP長
gp0226_02urur.jpg
エリート将校らしい小奇麗な軍服とぎゅっとつぐんだ口。そして視線を捕らえる1行の台詞、 "私がどんな話をしても... 信じることは出来ないでしょう"。生死を行き来した現場で、生きたまま発見されたGP長の台詞は、事件の鍵を握っているが、真実を明らかにしない彼のキャラクターをよく現わす. 彼の小隊院たちに起こった信じられない事は何で、何を隠そうと思うのか?ショッキングな真実に対する好奇心を増幅させる疑問のGP長。ユジョンウ中尉役は映画「スキャンダル-朝鮮男女相悦之詞」で映画の観客の目を引いた俳優チョヒョンジェが引き受けた。彼が数年の歳月を経て初のミステリー捜査劇で既存のイメージを覆す最高の演技変身を披露する。

意識不明の状態で発見された最初の生存者
gp0226_03reter.jpg
Tシャツは血が大量についており、軍人の身元を確認する軍番号列はいくつかが絡まって引っかかっている。そして、解くことが出来ない暗号のような1行の台詞! “皆、生きる為に皆、死ななければならない”。投入された捜索隊が、皆殺し現場で意識不明状態で見つけた最初の生存者と同時に、有力な容疑者であるカンジヌォン上兵のキャラクターポスターは、その強烈さで衝撃の大反転を予告する。生存の為の死とは何を意味するのだろう。すべての死の真実を抱いたカンジヌォン上兵の役は、話題の独立映画「Good Roman ce」「後悔しない」の致命的な魅力で注目を引いた新人イヨンフンが引き受けた。子供っぽく見えるルックスの中で、非正常的というほどにずば抜けたカリスマで観客たちを圧倒する予定だ。

キャラクターポスターを通じて、最前方ミステリーの男たちを公開したミステリー大作。観客たちの期待が高まって行く中に、世の中を覆す衝撃のミステリーは4月、その事件の全貌を公開する予定だ。

チャヨンファン記者

[cnbnews]2008-02-26 22:28:24
posted by rika1999 at 14:17| ■映画「G.P 506」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

軍隊ミステリーを扱った「GP506」、男性ネチズンの期待高く

2008021202647_2008021273211yryry.jpg
[映画「GP506」のホームページキャプチャー]
映画「GP506」が、封切りになる前にネチズンたちに熱い関心を受けている。この映画は非武装地帯内の最前方監視警戒所GP506で前小隊の疑問の皆殺し事件を扱っている。

軍時代に1度位は聞いてみた事が当然なミステリーを扱っているからか、いつになく男性ネチズンたちの関心が凄い。

映画「GP506」のホームページを通じてコンスチャン監督は「'R-POINT'が終わった後3年間、資料と企画の期間を通さなければならなかった。トラック1台分の資料が積もったし、1年余りをかけたシナリオ作業が進行された。」と、これまでの苦労に対して説明した。引き続き完成された映画に対して「我々は、歴史が隠したその場所の真実のミステリーの中に観客を導いて行くでしょう。」と自信感を仄めかした。
2008021202647_2008021273221ey546.jpg
[映画「GP506」のホームページキャプチャー]

GP長で熱演したチョヒョンジェは「敢えて最高のシナリオだったと評価する。身の毛がよだつように面白いストーリーの中で、特に男たちの魅力があって良かった。」と話して、ホームページを通じて作品に対する愛情を誇示した。また、「女性観客たちに必ず勧めたい映画になるようだ。」と推薦した。

ネチズンたちは「軍時代にたくさん聞いた怪談が、映画で誕生しましたね。」「してもしても果てしなく面白い話が軍隊話です。」「GOPに勤めたから期待が大きいです。」「R-POINTに引き続くコンスチャン監督の映画、必ず見るでしょう。」「長い間待っただけに、期待も大きいです。」と話して興奮を隠すことが出来なかった。

一方、軍時代に経験したミステリアス名経験を挙げ、思い出を何度もじっくり考えているネチズンも相当だ。

デジタルニュースチーム/キムシウン記者 showtime@hankyung.com

[韓国経済]2008-02-12 16:40
posted by rika1999 at 13:52| ■映画「G.P 506」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「R-POINT」監督、ショッキングな新作「GP506」公開

20082121715_865232962_9724_0tw.jpg

ベトナム戦のミステリアスな事件を扱った映画「R-POINT」のコンスチャン監督が衝撃的な新作を披露する。

コン監督は12日午後、映画「GP506」(制作ボコピクチャーズ・モティス)のティーザーポスターと予告編を公開した。

「GP506」は最前方監視警戒所であるGPで開かれた疑問の小隊院皆殺し事件とその場所に投入された21人の捜索隊員たちが体験するミステリアスな内容を記した映画だ。

この日公開されたティーザーポスターは、最前方境界警戒所である GP506に入って行く兵士の後姿を盛っており、映画のミステリアスさをより一層高めたという評価を受けている。

映画社は「今回の作品の完成度とディテールを高める為に、3年間の企画と10ヶ月の撮影期間を経た。」「総30余りのセットを製作して撮影に臨んだ。」と明らかにした。

今回の作品の演出を引き受けたコン監督は、前作である「R-POINT」を通じて、評壇と大衆皆を捕らえた実力派で、韓国戦争以後、忘れられた非武装地帯を通じて自身の2番目の軍隊ミステリー劇を完成させた。

ネチズンたちは「R-POINT」と同じく、今回の映画に対しても '実話'と '虚構' 論争をしながら大きい関心を見せている。

チョンホジン・チョヒョンジェ・イヨンフンらが出演する映画「GP506」は、来る4月封切られる。

キムジェボム記者kjb@hankooki.com

[韓国日報]2008/02/12 16:56:31
posted by rika1999 at 13:04| ■映画「G.P 506」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。